Taiga Developer Site

Japanese
topmenu webgame software download developer  
 

Top > Developer

eCos/RedBoot for PS2

image1

eCos/RedBootについて

ARM, MIPS, MN10300, PowerPC, Hitachi SHx, v850, x86など様々なアーキテクチャに対応している組み込み向けブートローダの1種です。RedHatによって開発が進められています。

eCos/RedBoot for PS2の入手方法

Happy Hacking PS2!からダウンロードが可能です。

必要なもの

PS2 LinuxとIPアドレスを割り当てるサーバ(ホストマシン)が必要です。ホストマシンとしてRedHat Linux 6.2を使用しました。

PS2 Linuxへのインストール

RedBootをメモリカードへコピー
redboot.elf-010712を使用しました。まず、PS2Linux から redboot.elf-010712 をメモリカードにコピーします。

#mount /mnt/mc00
#cp redboot.elf-010712 /mnt/mc00/redboot.elf
▲瓮皀螢ードの p2lboot.cnf にエントリを追加します。

"RedBoot" redboot.elf "" 203 /dev/hda1 "" RedBoot On MemoryCard

これで次回から起動時にRedBootのエントリが表示されます。この状態でとりあえず再起動させ、新しくエントリが追加されたRedBootを起動してみます。

起動させると
+eth0: MAC address xx:xx:xx:xx:xx:xx
とMACアドレスが表示されるのでメモをしておいて下さい(ホスト側の設定で使用します)。

ホスト側の設定

dhcpサーバ

 PS2LinuxにIPアドレスを割り当てるためにdhcpサーバを使用しました。ホスト側にインストールされていない場合はインストールをしてください。

/etc/dhcpd.confに以下のような記述をします。ここではPS2LinuxのMACアドレス00:04:1F:01:31:A0にIPアドレス192.168.1.18を割り当てています。
option subnet-mask 255.255.255.0;

subnet 192.168.1.0 netmask 255.255.255.0 {
range dynamic-bootp 192.168.1.155 192.168.1.200;

host ps2linux {
hardware ethernet 00:04:1F:01:31:A0;
fixed-address 192.168.1.18;
}

}
最後に
/etc/rc.d/init.d/dhcpd start
としてサーバを起動してください。

tftpサーバ

tftpサーバについてもホスト側にインストールされていない場合はインストールをしてください。

●/etc/inetd.confを修正します。
(修正前)#tftp dgram udp wait root /usr/sbin/tcpd in.tftpd
(修正後)tftp dgram udp wait root /usr/sbin/tcpd in.tftpd /home/tftp

●転送ファイル置き場所のディレクトリを作成します。
mkdir /home/tftp

●最後にinetdに設定ファイルを再読み込みさせます。
# /etc/rc.d/init.d/inet reload

PS2 Linuxへの接続

ホスト側からネットワーク経由で PS2 の 9000 番の TCP ポートにつなぐとプロンプトが出てきます。
% telnet ps2のIPアドレス 9000
Trying x.x.x.x...
Connect to xxxx
Escape character is '^]'
RedBoot>

PS2 Linxuへのファイル転送

接続が成功すると以下のコマンドでターゲット上(PS2)のメモリにファイルを転送することが可能となります。

RedBoot> load -m tftp /home/tftpにあるファイル名

PS2 Linux